事務所案内

事務所案内

代表挨拶

税理士法人江崎総合会計は現在、零細企業・個人事業者に対し質と価格の両面からバランスよく最適なサービスを少しでも多くの企業に提供したいと考えています。その思いで平成15年より明朗低料金での税務会計サービスと銘打って業務を展開してまいりました。その甲斐あって、大阪、名古屋、東京と3拠点で事務所を開設させていただき、毎年200社以上のお客様とご縁をいただいてまいりました。

顧客に対するサービスの考え方は会計事務所によって様々のようです。

  • 自計化の必要を感じない規模なのに記帳代行を一切してくれない。
  • 2度手間、3度手間とも思われるような出納帳や伝票、日記帳を作成させられる。
  • 領収書類などを必要以上に丁寧に貼らされたり整理させられたりする。
  • 積極的な節税アドバイスをしてもらえない。いつも事後的な対応をされる。
  • 常に保守的な処理をされてしまう。税務調査では問題が少ないが結局損をしている。
  • 経営に関するトータルなサポートをしてもらえない。
  • 毎月の訪問もないのに高額な顧問料が発生している。
  • 記帳代行料が高すぎる。
  • 自社経理のために高額なハードやソフトを購入させられた。

われわれは以上のようなご意見を十分に活かし、お客様に喜んでいただけるサービスの提供を行っていきたいと職員一同努めております。

零細、個人事業者は会計処理に十分に時間や労力、コストをかけてはいられません。もちろん経営状況の把握は常にきっちりしなければなりませんが、手書きで出納帳や伝票を作成することや、領収書を貼り付けることと、経営管理は違います。そのような時間と労力をもっと重要な事に費やしていただきたいと考えます。

われわれはまず、零細企業・個人事業者に対し会計の手間を最小限に省いていただけて、料金的にも負担の少ないサービスを提供しようと考えています。その上でもちろん節税や経営管理面においても専門家としての十分なサービスを提供したいと考えています。また低価格の会計ソフトなどを活用しての自社での試算表作成のお手伝いなども積極的にさせていただいております。操作も簡単ですし、それによって税務会計コストを引下げていただく事も可能になります。

今後、より多くの零細・個人事業者の方々にわれわれの提供するサービスや考え方を知っていただいて、少しでもお役に立つことができれば幸いです。

代表税理士経歴

昭和38年
12月17日生まれ
平成02年9月
センチュリー監査法人(現 新日本監査法人)入所
平成06年3月
公認会計士3次試験合格 公認会計士登録
平成07年6月
税理士登録 登録番号81023
代表税理士 江崎誠

経営理念

中小企業の『元気』のために

基本業務姿勢

  1. お客様に必要な情報を適時、的確に提供いたします。
  2. お客様の立場に立って柔軟に発想、対応いたします。
  3. お客様の相談に対して迅速、明解に回答いたします。